第1回『風雅』大賞 最優秀賞🎊

~「風雅」大賞とは~ 障がい者、および障がい者支援に携わっている方の、言葉だけでは伝えきれない想いをアート(絵画、書、コンピューターグラフィックス、工芸、手芸、陶芸、アクセサリーなど)で表現するというテーマで行われた、一般社団法人日本障がい者就労支援協会主催によるアートコンテストです。

のぞみ園に入所されている後藤政治さんが、なんと第1回「風雅」大賞で最優秀賞に選ばれました❗ 応募総数1072作品のうち、たった1作品に授与された賞でした。

作品製作中の様子~なんと足を使って、パソコンで絵を描いていきます❗
ひとつの作品完成に何ヶ月もかかるそうです。
毛の1本1本を丁寧に描いていきます。

11月に行われたのぞみ園祭のポスターにも起用させてもらいました。また、のぞみ園祭の記念品として、タオルに印刷し、ご利用者全員にお配りしました。

ご本人のコメント:パソコンで絵を描き始めてまだ3年くらいなので、評価して頂いてとてもうれしいです。まだ自分が最優秀賞を頂いたことが不思議ですが、家族や職員の皆さんが喜んでくれたので絵を描いていてよかったなと思っています。賞を取れたのも職員さんのおかげなのでありがたいです、これからも絵を描くことを続けていきたいです。